土曜日も授業するってホント?

ここのところ「小学校で土曜日に授業やるって聞いたんだけど結局どうなったの?」「夏休みの期間が長くなるってほんと?」「そもそもエアコンって教室につかないの?」という質問をたくさんいただきます。ということで、今回は夏休みと小学校のお話。

結論から先に書いてしまうと、①夏休みの期間はそのまま、②夏休み前1週間は半日授業、③土曜日は年に4回半日授業を行う、ということになったようです。

そもそもの発端は、つくば市が「夏休みを一週間前倒しにする」という計画を発表したことでした。暑い中授業を受けるのは大変だから、早く夏休みにしちゃおうということだったようです。で、授業日数が足りない分を土曜日で埋め合わせるということ。あくまでも検討中とのことでアンケート調査等も行われました。そこでは「いきなり夏休みが早まったら仕事休めないから困る」というお母さんたちの声や「むしろ暑いのは9月なんだから後ろ倒しすべき」といった声があったようです。そういった声を受けて?結果として最初に書いた中身に決まったようです。

他の自治体から引越して来られて驚かれるのは「つくばは小学校の教室にエアコンついてないの?!」ということです。さすがつくばエコのマチ?、なんていうわけじゃなく、ただ取り組みが遅れていたようです。エアコンなんて贅沢〜、という方も多いかと思いますが、実は時代は流れもはや珍しくもなんともなく、お隣の守谷市や牛久市などではばっちり設置されてます。「暑さに耐えることも一つの訓練だ」という見方もあるかもしれませんが、熱中症の危険性やよりよい学びの環境ということを考えれば望ましいことでしょう。ということで、遅ればせながらつくば市も今後何年か掛けてエアコンを導入していくことが決まったようです。

さて、今年は暑い夏が来るか。記者イガラシも母校のPTA会長になっちゃったので燃えてイキマス。

This entry was posted in 学べるニュース and tagged . Bookmark the permalink.