最近話題になった「政務調査費」ってどんなもの?

最近の政治ニュースでは圧倒的に話題になっちゃった号泣県議。あまりにインパクトが強すぎて中身にまで目がいかないのですが、そもそも何が問題だったの?ということで、今月は議員が使えるお金「政務活動費」について。

 政務調査費(自治体によっては「政務活動費」とも呼ばれます)というのは、議員の報酬とは別に、文字通り「政策などの調査」に与えられるお金です。議員というのは、先進事例を学んだり、市民の声を聴いたり、様々に情報を仕入れる必要があるので、そこに税金が使われます。さらには、事務所人件費や備品代にも使えるので、「第二の給料」なんて言われ方もします。

 記者イガラシも議員時代にいただいていましたが、つくば市議会では議会事務局の方と1円単位まで確認して、もちろん領収書もすべて添付するし、視察に行けばその報告書の提出が求められました。かなり厳密に管理していたので、今回問題になったいい加減な収支報告をニュースで知って正直遅れているなとびっくりしました。

 さて、政務調査費の金額については、自治体によって様々です。つくば市は月額3万円です。お隣の土浦市だと月額2.5万円。県議会になると一気に増えて茨城県議会は30万円、これはかなりの金額ですね。ちなみに話題になった冒頭の兵庫県議会は50万円、東京都議会は60万円、繰り返しますが議員報酬とは別ですよ。

 もちろん、議員は勉強することが必要ですし、経費が掛かっても原則全て自分持ちで支出も多くあります。でも、税金を使うからこそその使い方は透明性や納得性が求められますね。不正支出やマンガを買ったり視察に行ってもコンパニオン代などと政治に関係のないことに使うのは論外。大切な税金、いい政策としてまちに戻ってくることが一番ですね。

This entry was posted in 学べるニュース and tagged . Bookmark the permalink.