その場所でいいの?

補地の場所が市長が経営するいちはら病院の隣の土地ということでかなりの物議をかもしましたが、そのような個人的な話はここでは置いておきましょう。
議会でも、候補地のアクセスの悪さに対して疑問が集中しました。予定地は、つくばエクスプレスのつくば駅から8.3キロ、駅から徒歩で行くというのはとても無理です。

そうすると、バスか車で行くことになります。仮に2万5千人規模のイベントがあったら、交通事業関係者の話では、持っているすべてのバスを動員しても恐らく足りないでしょうとのことです。駅から2万5千人を、8キロ以上掛けて輸送するというのは現実的ではないということです。

では、車で行けるでしょうか?大型イベントで車が殺到すれば大渋滞が予想されます。市民の移動手段がマヒして生活に支障を来すような渋滞が日々あれば、それこそ誰のための競技場がわからなくなってしまいます。

しかもチグハグなことに、発表された計画では駐車場は1200台分しかありません。仮にみなが5人乗りで来たとしても、6000人です。残りの2万人近くの人の駐車場はありません。

専門家は口をそろえてスポーツ施設はアクセスのし易さが重要だということを指摘しますが、その思い切り逆を行っているのが現在の計画です。駅から歩いていけないような場所に大型の競技場を作っても使えないということです。

This entry was posted in 特集号 and tagged . Bookmark the permalink.