そもそも税金高くない?を解決

そもそも、税金やっぱりなんか高いんじゃない?と思う方も多いですよね。住民税というのは全国一律なのですが、他の税金や公共料金はどうなっているでしょう?

さて、まず数年に1回値上げが続いているつくば市の国民健康保険税は、茨城県44市町村のうち高い順から4番目、毎年大体ヒト桁以内です。これは確かに高いですね。今や国保は生活のための最後の安心網だというのに、その支払の負担がどんどん重くなっています。

次に、下水道料金。金額では県内ではおおよそ真ん中くらいですが、数年前に大幅値上げをしたので負担感では実数以上かもしれません。財源に余裕があるのであればここまで値上げしなくてもよかったのでは、という意見も出ています。

また、都市計画税といった新しい税金が導入されています。これは、固定資産税を払ってもさらに払わなくちゃいけないので、負担感としてはものすごく大きいです。都市計画税による収入は1年で15億円ほどですから、300億円の運動公園を作る余裕があるなら減額してよ、という声もありますね。つくばで増税が進んでいるのは確かなことで、日々の生活の負担感につながっています。税金はもちろん必要なものですが、毎日の生活のことがそっちのけになってしまってハコモノばかりが作られるようでは何のための政治かわからなくなってしまいます。

むかし日本では、政治を司る人は民衆のことを「おおみたから(大御宝)」と呼んできました。目立たなくても、家族や地域で支え合って暮らしていき、次の世代につないでいく国民があってはじめて政治も国も成り立つということであり、宝だということです。宝である市民の生活よりも巨大な運動公園建設が優先される今のつくばを、むかしの為政者がみたらどんな風に思うでしょうか。今回の総合運動公園建設についてのあなたの声をぜひお聞かせください。

This entry was posted in 代替案 and tagged . Bookmark the permalink.