政治家ってやっぱり豪華出張しちゃうの?

16-6s東京都知事が出張で1泊20万円近くのホテルに泊まったり、ファーストクラスの飛行機を使っていたりして、それは税金のムダ使いなんじゃないの?という批判が起きています。出張費というのはそれぞれの自治体で『こういう場合はいくら』というのが決まっているのですが、都知事の出張はその規定を思いきり無視していたようです。ということで、つくば市長もファーストクラス使ってるの?というご質問がありましたので、今月はこのテーマ。

つくば市の市長や職員さんが出張をするためには『つくば市職員旅費条例』というルールに基づいてなくてはいけません。まず、それによるとつくば市長は海外出張の場合はビジネスクラスに乗ることになっています。エコノミークラス限定という自治体も多いようですが、少なくともファーストクラスじゃなくてほっとしました。

では、ホテルはどうでしょうか?つくば市長が海外に出張する場合、宿泊料の上限は地域によってもちがいますが13500〜22500円と決まっています。どうしてもこれ以上の金額のホテルしか予約できない場合でも税金を投入するのはここまでで、追加になる時は市長のポケットマネーということになるそうです。

もうひとつあるのが、日当。給料とは別に、出張に行くと日当とか費用弁償という形で支払われるケースがあります。つくば市長の海外出張の場合は、これもやはり地域によってちがいますが日当4500円〜7200円です。なお、同行も大名行列のようなことはなく担当課1〜2名、秘書、通訳、という最小限の構成とのことです。

ということで、金額や規模ではつくば市長の出張は都知事のような豪華ツアーということはなさそうです。あとは、海外出張からどのような成果を得るかというところでしょうか。世界のつくばを標榜するからには、様々なネットワークを作りながら、具体的なビジョンであったり価値を生み出す連携につなげる動きを期待したいところです。

This entry was posted in 学べるニュース. Bookmark the permalink.